通販購入のメリット・デメリット

レビトラのジェネリック品の購入 メリット・デメリット

レビトラのジェネリック品を通販で購入したい時に、難点はあるのでしょうか。
個人輸入の代行通販サイトを利用できるので、楽天やAmazonのように簡単に注文できます。
海外から医薬品を買える、メリットとデメリットをみてみましょう。

【メリット】
◇EDを隠して治療ができる
病院にいくと「女性看護師に見られるのが嫌」という方もいます。
EDが恥ずかしいと隠している男性はたくさんいるため、誰にもバレずに購入可能です。

◇24時間いつどこにいても購入可能
仕事が多忙で通院が難しい男性でも大丈夫です。
スマホやPCがあれば、24時間どこにいても注文できます。
自宅にいる時にED治療薬が買えるのも魅力です。

◇日本では買えない医薬品が豊富
日本未発売の医薬品を代行通販サイトでは、数多く取り扱っています。
人気のED治療薬もあるので、商品の口コミを見ながら選ぶこともできます。

◇格安で買える
個人輸入の代行通販サイトでは、ジェネリック品の種類が豊富です。
ジェネリック品は新薬と同じ効果を持っていながら、格安で販売されています。
レビトラのジェネリック品であるバリフは、1/10価格とかなりお手ごろです。

【デメリット】
・すべて自己責任
個人輸入は薬事法で認められている行為。
違法ではありませんが、買うかどうかはすべて自己判断です。
個人輸入をしてトラブルがあった場合でも、自己責任になります。

・偽物のリスク
ネットの世界では偽造薬が存在します。
偽物の治療薬は、正規品に似せて作られていても成分がまったく異なることも。
本物を取り扱っているサイトは、正規品の証明マークを記載しているので確認してみてください。

・届くまでに1~2週間かかる
海外から発送するため、最短でも1週間かかってしまいます。
必要な時は前もって注文するようにしましょう。